使用する人の体質・住環境に応じて最適な保湿力を提案します。

寝床内部の湿度を50%前後に保つため、通気性が高く蒸れない生地をつかいます。

羽毛の吸湿発散性を最大限に引き出す生地をつかいます。

軽さ・肌触り・フィット感、そして何よりあたたかく保湿力のある羽毛を選ぶ事が大切です。
あなたの「これじゃなきゃ眠れない」と思うほどの羽毛布団を提案します。


寝床内気候を最適に 湿度50%を実現する

寝床内気候とは?

快適な室温と快適な寝床内温度は異なります。そして、寝床の中では、湿度も非常に重要な要素になります。この布団の中の温度と湿度の事を、寝具内業界用語で「寝床内気候」といいます。快適快眠を得るためにはこれら2つの適正を保つことが重要になります。

最適な寝床内 湿度は・・・50%±5%RH

温められた床内の気温により寝具は加湿され、一時的に表面から水分を放出。 その後しだいに均衡状態になります。 人が快適に眠る条件に湿度は大きく関係しています。

最適な寝床内 温度は・・・33℃±1℃

ふとんに入ると、床内気温は体温により急上昇します。 そして人体の皮膚面から発散される熱量と寝具から放出される熱量との間にバランスが保たれる状態に。 その時この温度が快適空間の目安です。



西川リビングの「GORE®羽毛ふとんロイヤルスター®」は、日本ゴアとのコラボレート企画でゴアのテクノロジーから生まれた「理想的なふとん生地」を採用した羽毛ふとんです。羽毛本来の良さを最大限活かし、"キレイ・軽い・ムレにくい"羽毛ふとんを実現しました。眠りに「清潔さ」と、より上質な「快適性」を求める多くの方から愛されるロングセラー商品となっています。


【24+】羽毛掛けふとん[ゴア羽毛ふとんロイヤルスター]

  

羽毛の特性を最大限に活かす側生地<ロイヤルスター>を使用した掛けふとん。 軽くてあたたかく、清潔で快適におやすみいただけます。あたたかさが選べる組合わせて使える羽毛ふとんのNEWスタンダード

春~夏~秋~冬の気候の変化や
エアコンなどの利用による個人的な環境変化・・・

300g・500g・700gの羽毛ふとんの中から、それぞれの眠りの環境に快適な組み合わせをお選びいただけます。



ホワイトマザーグスダウン93%
1.2kg

ホワイトグース90%
1.2kg

ホワイトグース90%
0.3kg

ホワイトグース90%
0.5kg

ホワイトグース90%
0.7kg

160,000円(税別)

120,000円(税別)

50,000円(税別)

70,000円(税別)

90,000円(税別)



こんな「羽毛ふとん」のお悩みを解決!

"リサイクル&リフォーム"とは、今お使いの羽毛ふとんを新しく作りなおすこと。
長い間使っていたおふとんが新しく生まれ変わるから、大切に長く使えます。

羽毛ふとんは長年使用すると外の側生地はもちろん、中に入っている羽毛も汚れて、傷んでしまいます。
リサイクル&リフォームでは傷んだ羽毛ふとんを一度解袋し、
中の羽毛を取り出して汚れを取り除き、 きれいに洗って新しい側生地に入れて作りなおします。
つまり、羽毛ふとんを甦らせるということなんです!

よくある質問

お仕立て直しができるサイズについて教えてください。

お手持ちの羽毛掛けふとんのサイズおよび仕上がりサイズは、共に「シングル」、「ダブル」の2サイズとなります。「シングルからシングル」、「ダブルからダブル」、また「ダブルからシングル」へのお仕立て直しが可能です。(シングルサイズ:150×210cm、ダブルサイズ:190×210cm)

どのメーカーの羽毛掛けふとんでもお仕立て直しはできますか?

ダウン率70%以上(お仕立て直し後の側生地によってはダウン率90%以上)の羽毛掛けふとんであれば、お引き受けいたします。

羽毛以外の掛けふとんのお仕立て直しはできますか?

こちらのお仕立て直しサービスでは、羽毛掛けふとんのみをお引き受けしています。合繊ふとん(ポリエステルなど)、真綿ふとん、羊毛ふとんなどのお仕立て直しは対応をいたしかねますので、一度お手持ちの掛けふとんの種類をお確かめください。

羽毛を使ったおふとんならどんなものでもお仕立て直しはできますか?

こちらのお仕立て直しサービスは、お手持ちの羽毛掛けふとんの羽毛を活かして、古い羽毛掛けふとんを新しい羽毛掛けふとんにお仕立て直しをするシステムです。 そのため、羽毛の量が少ない製品(羽毛合掛けふとん・羽毛肌掛けふとんなど)では加工ができない為、対応をいたしかねます。あらかじめご了承ください。

追加充填する羽毛の種類は選ぶことができますか?

お仕立て直しの際に追加充填する羽毛は、「ホワイトダックダウン」「ホワイトグースダウン」「ホワイトマザーグースダウン」の3種類をご用意しておりますが、お仕立て直しのコースによって羽毛の種類は決められております。詳しくはお問い合わせください。

側生地だけの交換は可能ですか?

こちらのお仕立て直しサービスは、お預かりした羽毛掛けふとんを1枚1枚丁寧に解体し、中身の羽毛を洗浄し、リフォームするシステムとなっておりますので、側生地だけの交換はいたしかねます。










打ち直しとは、お布団の再利用(リフォーム)です。
長年使用して硬くなったお布団を機械で解きほぐしゴミ・塵などを取り除き、
弾力を回復させることでふっくらとよみがえらせ、新しい生地でお布団を作り直します。

このような症状はございませんか?

  • 綿布団を長年使用して、ペシャンコになってしまい、細かなゴミなどがお布団の綿にはいっている。
  • 敷き布団を掛け布団・座布団・子供用のふとんに作り変えたい。
  • 愛着があるお布団を使い続けたい。
  • 住宅の引越しやリフォームでついでにお布団も新しくしたい。
  • 布団のサイズを変更したい。

綿布団打ち直し目安

お布団を購入または打ち直しして、敷布団で3年、掛け布団で5年経過しているお布団といわれております。
しかし、布団の傷み方は使用する環境によって(体重・体質・気候・メンテナンスなど)大きく違います。 打ち直しする時期の一番大きな目安は、布団を干した時に膨らみにくくなった時です。 つまり、綿布団の最大の利点である水分の吸湿性・ 発散性がなくなったときです。 そのようなお布団は湿気がとびにくくなり、湿気が多くなり、重くなり、夏は蒸れて暑くなり、冬は冷たいひんやりとした布団になります。
環境保護(リサイクル)という観点から現在、粗大ゴミで一番多く出させられているお布団だからこそ、「日本の伝統の打ち直し」を皆様にご利用いただきたいと思います。


職人による本格仕立て

お客様からお預かりしたお布団は、機械にて綿のほぐし、オゾン処理作業、除塵作業等の工程を経た後、
新しい生地に打ちされた綿を、熟練された布団職人によって仕立てられます。




打ち直しが出来ない商品

・ウールマークがついた布団
・布団の周りがヘム巻加工された布団
・中央部分がミシンで縫われキルティング加工された布団
・ポリエステル100%の商品
・固わた入羊毛混の商品
・毛、毛わた、ウールの商品